なぜ眼科医はコンタクトレンズをしないメガネ派が多いのか

眼科医はコンタクトレンズの危険性をよく知っている?

眼科医はメガネの人が多いですが、コンタクトレンズをしている人はあまりいません。

これは、眼科医だからこそコンタクトレンズのデメリット、危険性を知っているからだと思われます。

まず、コンタクトレンズはメガネと比べて歴史が浅いです。

過去にはアカントアメーバといって、コンタクトレンズの豊富な水分保有量を利用して最近は繁殖し、それによって失明した人も多くいました。

現在は十分な煮沸消毒、使い捨てコンタクトレンズの使用によって激減しましたが、やはり歴史が浅いため、長期的な危険性ははかり知れません。

 

現在わかっているコンタクトレンズの危険性とデメリット

さらに長期的にコンタクトレンズを装用した人ではコンタクトレンズをしない人よりも黒目が薄くなる事がわかっています。
これは、まばたきをする度にコンタクトレンズと黒目がこすれるからで、短期間なら影響はありませんが、一日何時間も何年もコンタクトレンズを
つけ続けていると少しずつ影響が出てきます。

そして、黒目が薄くなった時の問題点ですが、黒目は外から見ると黒いですが、実際は透明で、そのおかげで人は物がはっきり見えているのですが、黒目が
一定以下の薄さになると混濁して物が見えなくなってしまいます。

つまり失明してしまうのです。

といっても黒目だけの話ですから、完全な失明とは言えないのですが、治すには角膜移植しかありません。

 

目に傷がつく

これは主にハードコンタクトレンズでですが、やはり固いレンズを目の中に入れるので、ある程度黒目に傷がつき、眼科に行くと指摘されることもあります。
特にコンタクトレンズをしている時に目にゴミが入るとかなりゴロゴロするので痛い思いをした人も多いと思います。

こんな時はすぐにはずして水で洗うのがいいのですが、いつも水道が近くにあるとは限りませんし、外でコンタクトレンズをはずすと落としてしまうかもしれません。

そうすると、我慢してつけ続けたり、目をこすったりして傷をつけやすくなってしまいます。

軽い傷くらいならすぐ消えますし、視力にも影響はないのですが、ハードコンタクトレンズの問題点は固いレンズと黒目が常にこすれ、表面の痛覚神経がなくなってしまう事です。

こうなると、目に大きなキズがついたり、病気になっていても、本人は自覚症状がなくなってしまいます。

この表面の痛覚神経はハードコンタクトレンズを入れて2~3日でなくなってしまい、はずした状態で過ごすと2週間ほどで徐々に元に戻っていきます。

ハードコンタクトレンズを入れ始めの人は最初は痛いのに、段々痛みを感じなくなるのはこのためです。

なので、ハードコンタクトレンズを長期装用している人は症状が何もなくても定期的に眼科で検査をしてもらった方がいいでしょう。
 

ソフトコンタクトレンズの危険性

ハードコンタクトレンズと違い、ソフトコンタクトレンズは柔らかいので、表面の神経を削ったり、黒目にキズをつけたりする危険性は格段に低いです。

ならソフトコンタクトレンズの方がハードコンタクトレンズより安全安心なのかというと、そうとも言い切れません。

なぜなら、過去にはソフトコンタクトレンズの高い水分保有量でアカントアメーバが繁殖して失明した人がいるからです。

そのため、ソフトコンタクトレンズはハードコンタクトレンズよりもケアが重要なのです。

といっても、ワンデイコンタクトレンズは新品をすぐにつけて、はずしたらすぐ捨てる、という使い方なので、問題が起きる事はまずありません。

ただ、変えのコンタクトを忘れたり、外し忘れや1日以上つけっぱなし、という場合はやはり問題が起きる可能性もあるので注意しなければいけません。

そのような事がなくても、ワンデイ以外のソフトコンタクトレンズはやはり注意して使わなければいけません。

現在は1か月以上装用するようなソフトコンタクトレンズは眼科付属のコンタクトレンズ店で販売される事はないと思いますが、もし激安店や眼科のないコンタクトレンズ店などで長期装用のソフトコンタクトレンズを手に入れた場合は必ず煮沸消毒しなければいけません。

煮沸すればアカントアメーバも殺菌できるので問題にならないとは思いますが、それでも長期に使い続ければ使い続けるほどリスクが上がるのでおすすめしません。

また、2weekのソフトコンタクトレンズもケアをしっかりして2週間で必ず捨てるようにすればまず問題ありません。

1DAYとの違いは1DAYだとケアの面倒さがない分、割高になる事です。

オルソケラソロジーの危険性

専門学校で実際にメガネ派の眼科医が言っていた事ですが、オルソケラソロジーも自分はやらない、といっていました。

ちなみにオルソケラソロジーとは寝ている間にハードコンタクトレンズのような専用レンズをつけっぱなしにすることで、朝起きる頃には目の形が変わって起きている間、近視や乱視が治っているという特殊コンタクトレンズの事です。

眼科医がこれをしないと言っていた理由は、寝ている間は水分が目に補充されないからだそうで、固いレンズを目に入れている場合、水分がないと目の負担が大きく将来角膜が薄くなるなどの危険性が考えられ、しかも何十年も試した人がまだいない新しい製品なので、そこが怖いという事らしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です