ワイヤレスイヤホンの良さ、選ぶときのポイントなどを解説

 ・ワイヤレスイヤホンのメリットとデメリット

ワイヤレスイヤホンの利点はなんといってもケーブルがないので、何かに引っかかるという事がなく、自由に動けるところでしょう。

その点、通信に問題あってノイズが多かったりという事で使わない人もいたと思いますが、やはり技術は進歩するもので、最新のモデルならノイズも音切れもほとんどないと言ってもいいくらいのレベルです。

ただ、すべてのデメリットがなくなったわけではありません。

まず、線がないため紛失しやすいのは間違いないでしょう。

よく物を落とす、なくすという人には不向きかもしれません。

あとはやはり値段が高いです。

よく壊すので頻繁に買いなおすという人は少し考えた方がいいかもしれません。

・ワイヤレスイヤホンを選ぶ時のポイント

まずは、通常のイヤホンと同じく形が大事です。

耳の形や大きさ、穴のサイズは人によって結構違うそうです。

ですので、耳の穴が小さくてイヤホンが入りにくい、または入ってもすぐ落ちてしまうという人は耳にかけるタイプのイヤホンがいいでしょう。

次に選ぶ時のポイントとしては、連続使用時間です。

ワイヤレスイヤホンは音楽を聴くための機械とは別に電気を消費するため、充電が必要です。

完全に充電してから連続使用し続けられる時間は結構製品によって違い、だいたいの目安が商品の紹介に書いてあるはずなので、チェックしておきましょう。

最後に音質です。

音質で一番大きな要素はドライバーユニットの種類で「ダイナミック型」と「BA型」があります。

「ダイナミック型」はゆがみが少なく、低音域の再表現に優れています。

「BA型」はゆがみ特性があり、中、高音域の再表現に優れ、低音域は苦手です。

こだわる人は購入前にチェックしておきましょう。

・ワイヤレスイヤホンの値段

ワイヤレスでないイヤホンの中には恐ろしく安い商品もありますが、ワイヤレスは安いものでもそこそこします。

安いものだと5000円、高いものだと2万円以上するものもあります。

何が違うのか、ですが、いいものはノイズキャンセリングがついていたり、イヤーピースが豊富で耳に合わせやすかったりと商品によって違います。

また、音質に関しては低音域が得意だったり高音域が得意だったり、好みもあるので一概には言えないでしょう。

高い商品ではタッチセンサーを搭載しているものもあり、軽く触るだけで各種操作ができるようになっているものもあります。

ただ、よくわからない人は個人的には最初は安い商品にし、なんたるかがわかってから高い物に手を出すほうがいいと思います。

また、音質にすごくこだわる人は3万円以上もする高級品もあるので

そういったワイヤレスイヤホンを試すのもいいかもしれませんね。

・ノイズキャンセリングとは

高いイヤホンによくついている機能がノイズキャンセリングです。

これは、簡単に言うと周囲の騒音を消してくれて、イヤホン内の音楽に集中できる優れものです。

ただ、どうしてもノイズキャンセリングでワイヤレスとなると2万円以上とかの高価に

なってしまいますね。

・ワイヤレスイヤホンの使い方

ワイヤレスイヤホンはブルートゥースという低範囲の無線機能を使います。

ブルートゥースはスマホにも搭載されているので、スマホのブルートゥースをONにすれば内臓の音楽がワイヤレスで聴けます。

ブルートゥースをONにした後は、デバイス欄に出てきたワイヤレスイヤホンのデバイスをタップすればOKです。

ワイファイと同じでデバイスの選択は最初だけで、あとは近くにワイヤレスイヤホンがあればブルートゥースをONにしている限り自動でつながってくれるので便利です。

・ワイヤレスイヤホンをネットで買ってもいいのか

これはイヤホンに限りませんが、電子機器は基本的にネットの方が安いです。

店頭の商品は店員が値引き幅をもっていて高めに販売されているので、値引き交渉が苦手な人は高めになる場合があります。

ただ、店員から話を聞いたり、実際に試着、視聴できるメリットもあるので、こだわる人は店頭に行き、高い物なら値引き交渉してみるのもいいかもしれません。

パソコンのような高額な製品なら驚くほど値引きされる方もおられるので・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です